FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト 鮮血の美学(The Last House on the Left)ウェス・クレイヴン作品のリメイク・・・について

監督 デニス・イリアディス
オリジナル脚本 ウェス・クレイヴン

役名および出演者名

クルーグ  ギャレット・ディラハント
フランシス アーロン・ポール(クルーグの弟)
セイディー リキ・リンドホーム(クルーグの恋人)
ジャスティン スペンサー・トリート・クラーク(コンビニ客、クルーグの息子)

エマ    モニカ・ポッター(コリンウッド、メアリーの母)
ジョン   トニー・ゴールドウィン(コリンウッド、メアリーの父、外科医)
メアリー  サラ・パクストン(コリンウッド、娘)
ペイジ   マーサ・マックアイサック(メアリーの友人、コンビニで働く)

モートン  マイケル・ボーウェン(クルーグを移送していた警官)
ジャイルズ ジョシュア・コックス(クルーグを移送していた警官)

まずは、予告編から



あらすじ

気になる木。

警官たち(モートン、ジャイルズ)は、受刑者クルーグを刑務所に移送するため、山道をドライブ。 踏み切り前で停まっている時に、ドーーーンっと。

クルーグの弟フランシスとクルーグの恋人セイディーが、クルーグを脱走させるために仕組んだことだった。
(≧ヘ≦) ムゥ


コリンウッド一家(エマ、ジョン、メアリー)は、休暇を別荘で過ごすために、別荘に向けてドライブ。 ジョンは、後部座席で熟睡。

“Road Ends In The Lake”という看板を通り過ぎて、別荘に到着。

メアリーは、ゲストハウスで寝泊りすることを希望。 エマの兄ダンからシャンペインの贈り物。 でも、安物。

ベン

メアリーは、湖畔にある小屋へ行き・・・湖にダイブ。 だいぶいいタイムですわってことだな。
ジョンは、電子レンジを修理する。 メアリーは、車を借りて近くの町に住むペイジの所へ向かう。

ペイジの働くコンビニで、雑談。 (未成年に見える)ジャスティンが、タバコを買おうとするが、身分証明書を持っていない。 モーテルにアイテムを持ーってるから、それと交換で・・・という条件で妥協。 (嫌な予感しかしないぞ)

3人(ペイジ、ジャスティン、メアリー)で、ジャスティンのモーテルへ。 草不可避な展開だが、メアリーは64(葉っぱだけに)・・・出来なかった。 電話で、外泊することをエマに伝える。

3人ではしゃいでいるところへ、クルーグ、セイディー、フランシスの地獄の3人組が帰ってくる。 ジャスティンは、クルーグの息子だった。 気まずい雰囲気。 クルーグたちの正体がバレてしまったために、メアリーたちは軟禁されることに。

ひと悶着あって、事故ってしまう。 サスペンスな展開。

メアリーは、逃げようとするが・・・

ケガをしたフランシスの治療をしてもらうために、クルーグたちが、コリンウッド家の別荘に来るーぐ。 治療中に落雷のために停電。 ジョンが自家発電に切り替えに行くと・・・

そして・・・

タクシーに連絡がつかないため、クルーグたちが一泊していくことになる。

ジャスティンは、メアリーがコリンウッド家の娘だと気付いてしまう。 (ジャスト・イン・タイムってことだな)

なんと、瀕死のメアリーが帰ってきた。

クルーグたちが、仕業だと知る。

からの・・・

復讐を開始。 みずから手を下しちゃう。

急展開 ( ̄▽ ̄;)!!ガーン

フラン死す

ジャスト・イン・タイム。 が、たまらない展開へ・・・

ブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ )

o(#゜Д゜)_‐=o)`Д゜)・;

(゜o゜(☆○=(-_- )ゲシッ

( #゚д゚)=○)゚Д)^^^^^^゚

ラスト・ハウス・オン・ザ・レフト  鮮血の美学


一言で表現するなら
(死兆の)専決の美学? (う~ん、捻り過ぎて訳が分らなくなってきてる気がする)


ジャンル
クライム・サスペンス。
 1972年に公開されたウェス・クレイヴンが、監督した作品のリメイク。 近作のほうが予算がついたためか、収録時間が長くなっている。 犯罪者クルーグたちが、メアリーとペイジにかなり酷いことをする。 その辺りの描写を含んでいることに関しては、賛否があるかもしれない。


出演者
メアリー役のサラ・パクストンは、若い。 20歳前後のはずだが、17歳のメアリーでも問題ないくらい。 しかし、わずか2年後に公開された「トランス・ワールド」(原題Enter Nowhere)では、結構やさぐれている。 しかも、ケツアゴにシャドー塗りこんでいるんじゃないかと思わせるようなケバケバメイク。 (あくまでも、メイクや役作りの一環なので、けっっして悪い意味じゃないぞ)


ストーリー
移送中の受刑者クルーグは、恋人セイディーと弟フランシスの助けを借り、警官を殺して逃げてしまう。

コリンウッド一家(エマ、ジョン、メアリー)は、ヴァカンスで湖畔にある別荘を訪れる。 (ティーンエイジャーの)娘のメアリーは、一家の車を借りて近くに住む友人ペイジの所へ行く。 ペイジが店で働いている時に知り合ったジャスティンが、ブツを持っているということで、3人(メアリー、ペイジ、ジャスティン)でジャスティンの滞在するモーテルへ行く。 3人が、はしゃいでいると、帰ってくるはずのなかったクルーグたちが帰ってきた。 正体がバレてしまっていることを確信したクルーグたちは、メアリーとペイジを軟禁することに。 逃げようとしたメアリーとペイジは・・・


見所
父(ジョン)の活躍。 でも、リアルさを追求したせいか、決して戦闘力が高いわけではない。


作品の方向性(5段階)および評価
クライム・サスペンス度3(そういったシーン自体はあまり多くなかったかも)、ホラー度1(・・・じゃない気がする)、壁に耳あり、障子にメアリー度33(どこから情報が洩れるか分らないってことだ)。 ということで、作品の評価は復讐というわりに父親(ジョン)の戦闘力が低いのが気になるが後半のスリリングな展開が印象的な作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/04/04(土) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<禁断領域 ドレイメン(Community)ジェイソン・フォード監督によるバイオレンスホラーについて | ホーム | スマグラー おまえの未来を運べ・・・について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/524-0990ff39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村