fc2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

キャプティビティ(Captivity)ラリー・コーエン原案の監禁モノホラーについて

監督 ローランド・ジョフィ
原案 ラリー・コーエン

役名および出演者名

ジェニファー エリシャ・カスバート
ゲリー    ダニエル・ギリス
ベン     プルイット・テイラー・ヴィンス
ベティガー  マイケル・ハーネイ(刑事)
レイ     ラズ・アロンソ(ディサントス刑事)
スーザン   マギー・デイモン(刑事)
メアリー   クリスタ・オルセン
犠牲者    カール・パオリ、トレント・ブロワン

まずは、予告編から



あらすじ

鍋を火にかけて・・・
石膏・・・
目覚ましがなったため、起きると、男は石膏で固められている。 そこへ液体が注ぎ込まれる。 (えぇぇぇぇぇ~、期待しちゃうじゃないか・・・ってことだな)

Selecting the Victim

ジェニファー・トリーは、ファッションモデルをしている。 夜、スージーと道を歩いていると、ナニモノかにつけられる。 イベントのため、待ち合わせのクラブで、待っていると、「行けない」というメールを受ける。 アップル・マティーニを注文し、飲んで帰ろうとするが・・・意識が朦朧とし始める。 トイレで顔を洗っていると人の気配。

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ビデオカメラに気付き近づくと・・・

(-_-)zzz

目を覚ますと、南国の景色が見える部屋にいる。 でも、まやかしーだった。

ジェニファーは、コンクリート造りの部屋に監禁されている。 Dareというジェニファーがモデルをしているポスターが飾ってある。 (誰?)

健康にいいビタミンとかかれた札がおかれた飲料が差し出される。 監禁部屋には、ジェニファーの部屋の荷物が運び込まれている。(へぇ~、やるじゃんってことか)

暴れていると、催眠ガスが天井からまかれ始める。

( ´ρ`)。o ○

目を覚ますと、拷問用の簡易ベッドに縛り付けられている。 モニターには、散々な目に遭う犠牲者の姿が映し出されている。

気がつくと、部屋に戻っている。 引き出しが飛び出し、1番ロッカーの鍵が出てくる。

通気管を伝って逃げようとする。

またまた、拷問台へ。 今作の目玉シーンへ。 赤汁をゴクリと。

(((( ;゚д゚)))

Who Are You?

隣の部屋にも、同様に監禁された人(ゲリー)がいるようだ。 マッチを分けてもらう。 (間違いないってことだな)

引き出しが飛び出し、飲み物にカードが逆に刺さっている。 (ドーカしてるぜ、の逆バージョンってことだな)

新たな拷問。 危ないところをゲリーに助けられる。 2人は脱走を試みる。

・・・が、失敗。

また、また、また、拷問台へ。 わ・・・ワンダフル。

Desire is mother of invention.

4番ロッカーを開けると・・・

はっ! ( ̄◇ ̄;)

Death that’s where the buzzzzzz is

そして・・・

行方不明のジェニファーを探して、ベティガー刑事とレイ・ディサントス刑事が、監禁部屋のある家に来る。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン

✂╰⋃╯

えっ? ʅ(´◔౪◔)ʃ

キャプティビティ


一言で表現するなら
ジェニファーは、スーパーモデルだが、雰囲気としては、スーパーマーケットにいそうなモデルだった(悪い意味じゃないぞ)。


ジャンル
監禁モノ系ホラー。
 序盤こそ、Sawシリーズのような、ソリッドシチュエーション・スリラーのような展開だったが、中盤以降は、随分違った方向へ。 残酷シーン、グロシーンもちょっぴりあったりする。 男女の組み体操シーンについては、かなり控え目。 映倫のR18は、まーそんなところかな、という感じだ。 製作国がアメリカとロシアになっている。 おそ、ロシア。


出演者
ジェニファー役のエリシャ・カスバート
は、「24 TWENTY FOUR」のジャック・バウアーの娘キム役の人だ。 監禁部屋に最初に入った頃の南国の景色を見て、とんだ“どきどきキャンプだぜ”くらいの小ボケが欲しかったところ。 「蝋人形の館」(House of Wax)ほど、酷い目には遭わない。 そこが今作の特徴でもあるんだが。 ただし、蝋ではなく、石膏で固めるシーンはある。

ベン役のプルイット・テイラー・ヴィンスは、「アイデンティティ」でマルコム役を演じた人だ。 今作では、出演時間が少ないものの、インパクトはあった。


ストーリー
雑誌のカバーガールを務めるなど人気のあるファッションモデルのジェニファーは、仕事の待ち合わせでクラブへ行く。
 しかし、すっぽかされてしまう。 カクテルを飲んで帰ろうとすると、意識が朦朧としてくる。 気がつくと、ジェニファーはコンクリート造りの堅牢な建物の一室に監禁されていた。 拷問を受け、脱走をしようとするが、失敗。 しかし、隣の部屋にもう一人監禁されている事に気付く。 2人は協力し合って逃げ出そうとするが・・・


見所
ジェニファー役のエリシャ・カスバートのケツアゴ → ゲリー → ベン の華麗な流れ。


作品の方向性(5段階)および評価
監禁度4(遠くにあっても、地下だった)、ホラー度3(途中からは、サスペンスタッチだけど)、ゲリーベンってお腹が緩くなりそうな名前だ度99(読んでいるのがお食事中なら申し訳ない)。 ということで、作品の評価は、設定が無理やりなところもあるが、なんとなく勢いで最後まで見れてしまう作品。 それにしても、中盤のグロシーンにも愛(Eye)があった。 っま、深い意味はないダジャレだけど。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/04/07(火) 23:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チェイン/Chain(邦画のため原題同じ)について | ホーム | ザ・レッジ 12時の死刑台(The Ledge)マシュー・チャップマン監督が描く三角関係の結末・・・について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/527-6409e773
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村