FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

骨壷(邦画のため原題同じ)について

監督 永江二朗
原作 山田悠介「8.1 Horror Land」

役名および出演者名

室田絵里  松原夏海(AKB48)
赤星美津子 横山ルリカ(アイドリング!!!)
今井涼子  宮崎理奈(SUPER☆GiRLS)
佐竹昇   絲木建太(PureBoys、刑事)
市田    坪内守(教☆師)
巻信三郎  金山一彦(刑事!!!)
佐伯果穂  篠崎愛(AeLL.)
ケイコ先生 飯坂泰子(教☆師)
稲田琴美  青山花織(NoRoE48)

まずは、予告編から



あらすじ

夜の森で、骨壷を探索する男女。

放課後の廊下に、落ちた試験管。 (管らない ⇒ ×ってことですな)

それを理科室へ届けようとする生徒・室田絵里。 しかし、鍵がかかっている。 (キーポイントってことだな)
別の教室へ行くと、やはり施錠されている。 ・・・と、教師の市田が、生徒の赤星美津子に・・・ 襲いかかろうとしている。 絵里は、怖くなって逃げ出してしまう。 しかし、 ε=ε=ε=ε=ε=┏( ̄▽ ̄)┛ε=ε=(;´Д`)

見つかった(○) 美津子った(×)

絵里は、深夜に森の中の墓場へ。 青山家之墓。 鳥居をくぐり、稲田家之墓へ。 骨壷を取り出して・・・

体育館で美津子は、今井涼子と佐伯果穂に、1ヶ月ほど前から市田に執拗に言い寄られている事の相談をする。 佐伯は、市田に片想い。 そこへ、絵里が来て、稲田家之骨壷から取ってきた遺灰を渡す。 (ハイ、これって感じで) 稲田家之遺灰は、それを飲むと呪われて死ぬといわれているものだ。

3人(美津子、涼子、果穂)は、スポーツドリンクに遺灰を入れてる。 美津子は、市田にそれを飲ませようとする。

歴史の授業中に生徒たちの携帯電話が、鳴り始める。 「美津子が市田に遺灰を飲ませようとした事」を暴露するメッセージが送られてきている。

果穂は、市田に言い寄り、いい返答を待っているが・・・ (果報は寝て待て・・・じゃなかった)

そのメールのせいで、美津子は浮いてしまう。

遺灰入りドリンクを飲んだ教師が自殺(?)。 呪いだけど、即効性抜群。

消えた左手。 (手がかりがないので、警察としても動けないってことか)

翌日、午前中の授業はキャンセルされる。

池のほとりで、美津子と絵里が子供の頃のエピソードを話し合う。 疎遠だったのだが、仲直りしたいってことか。 そこへ、涼子が走りこんでくる。 果穂が、稲田家の遺灰で脅してきているということだ。

心配になった絵里は、稲田家之墓へ行くと・・・ (コツを掴んできたってことだな)

ε=ε=ε=┏( ̄ロ ̄)┛ε=ε=┏( ̄ロ ̄)┛ε=ε=(;´Д`)

古びた家に入る。

見つかった(○) 美津子った(×)

人 (ナームー)

ナニカいた!

骨壷オープン!

遺灰騒動で、疑心暗鬼になる。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

実食・・・じゃなくて、実験。

そして・・・

消えた右手。

責任を感じる絵里。

他居る!

警察は、迅速に動いてくれない。 (呪い絡みだけに)

骨壷


一言で表現するなら
コツを掴んだ!


ジャンル
学園モノ系呪術ホラー。
 舞台は学校なので、当然生徒たちが中心となる。 「稲田家の遺灰を飲ませると、呪われて死ぬ」という都市伝説にまつわる物語。 遺灰は、ガッツリ大量にあるが、分量的にリアルなのだろうか? 複数のアイドルユニットからメンバーが出演している。 アイドル映画と言えなくもない。 グロシーンは、数回ある。 でも、動きのある残酷な描写そのものは、あまりないかな。


出演者
刑事・巻信三郎役で金山一彦さん
が出演している。 2012年公開ということなので、ミッチョン・コンプリートまで、あと一歩というところだろうか。 深い意味はないけど。


ストーリー
教師の市田は、生徒の赤星美津子に執拗に言い寄っている。
 その場面を見てしまった美津子の子供の頃からの友人・室田絵里は、怖くなって逃げ出してしまう。 周りの目を気にして、断りきれない美津子の役に立とうと、絵里は市田を殺すための(稲田家の)呪いの遺灰を持ち帰る。 美津子と友人2人(今井涼子、佐伯果穂)は、スポーツドリンクに遺灰を混ぜて市田に飲ませようとする。 しかし、市田に思いを寄せる果穂の機転により、代わりにケイ子先生に飲ませてしまう。 しばらくして、ケイ子先生が、謎の自殺。 しかも、左手が見当たらない。 そして・・・


見所
アイドル大集合のところ・・・かな?


作品の方向性(5段階)および評価
学園モノ度5(っま、間違いなく)、呪術度3(一般的な範囲で)、ツボにはまった度8181(う~ん、アインシュタインの稲田さんが出演していればもっと、ツボにはまったと思うが)。 ということで、作品の評価は呪術系ホラーとしては、オーソドックスなストーリー展開で、時間も80分ちょいと、気楽に見れる作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2015/04/13(月) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トワイライトシンドローム デッドゴーランド(邦画のため原題同じ)について | ホーム | ザ・チェーンソー・スラッシャー 悪夢のいけにえ(Slasher)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/533-d50ebe60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村