FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

暴動・オブ・ザ・デッド(Portrait of a Zombie)について

監督・製作 ビング・べイリー

役名および出演者名

ビリー  パトリック・マーフィー
リジー  ジェラルディン・マカリンデン(ビリーの母)
ダニー  ローリー・マレン(ビリーの父)
ダレン  ポール・オブライアン(ビリーの弟)
ルイーズ ソニア・オドノヒュー(ビリーの妹)

イーファ ダイアン・ジェニングス(ビリーの恋人、妊娠中)

ジェリー ジェリー・シャナハン(ボス)
ジェリーの息子 デヴィッド・オニール

映画監督 トッド・フレッチャー
音声担当 シアラン・デイヴィス
カメラ  スティヴン・ニーソン
AD   サラ・イーヴァン

Mrマッカーシー テリー・オリアリー
マッカーシー夫人 バーニー・フィッツジェラルド
デモ隊リーダー エルガ・フォックス、ニール・フレミング

弁護士  ジョー・マッキニー
神父   サイモン・フォーガティ
ベジタリアンの運動家 リタ・マリー・ローラー
バーンズ エマ・ムーハン(医師)
ジーン  エレイン・レディ

まずは、予告編から



あらすじ
アイルランドのダブリン。 産業廃棄物が置かれているところで、地元男性のダニー・マーフィーに取材を申し込もうとするが、取材拒否。 昨年の事故について聞こうとするが、以前に来た映画監督に話して・・・ ということらしい。

1年前
リジーとダニーが映画監督の取材に応じる。 ゾンビ化し始めているビリーの世話をするリジー。

ビリーは、働いている食肉工場で暴れてしまう。 ガールフレンドのイーファが妊娠しているため、どうしても、働きたかったということだが・・・

ギャングのボス・ジェリーが取材の応じる。

映画スタッフは、(ビリー)マーフィー家の隣人にも取材。

病院では、ゾンビの人権についても語られる。 神父やベジタリアンの活動家に取材をしたりもする。 (ゾンビにベジタリアンにならせるって、ムリだろ!)

マーフィー一家は、ビリーがゾンビ化しているため、町の人から阻害されている。

ギャングのボス・ジェリーは、町(バリーマン)がゾンビに則られた事に立腹。 退治することにする。

(ゾンビ化した)ビリーとの結婚を許可されなかったため、イーファは、カトリックからプロテスタントに改宗。

ビリーの汚食事。 (うぅ~ん、残酷&グロス)

リジーは、ビリーに食事を用意する。 (新手のダイエットってことか)

そして・・・

のんビリーしていられない展開へ。

暴動・オブ・ザ・デッド

一言で表現するなら
アン・ビリー・バブル!(後半は、ゾンビバブルだったことも相まって)


ジャンル
ドキュメンタリータッチのゾンビ・ホラー。
 モキュメンタリーに入るかどうかは、微妙なところ。 若干社会派っぽいこともやっているが、ダークな笑いを取りにいっているような気もする。 前半の30分くらいは、ドキュメンタリー色が強い。 後半になると、ゾンビ大量発生からの、サバイバルモノに。 ポロリはないものの、グロシーン、残酷シーンは少ないが、厳しい目のものがある。 ドキュメンタリータッチを強調するためか、カメラが結構揺れる。 グラグラ映像で酔う人には、厳しいかもしれない。


出演者
(ビリーの弟)ダレン役のポール・オブライアンは、髪型や体格から与沢翼さんっぽい。 全然内容に関係ないけど。


ストーリー
アイルランドのダブリンでゾンビ化した青年(ビリー・マーフィー)の面倒をみている一家がいるということで、ドキュメンタリー映画を製作しているスタッフが取材を申し込む。 マーフィー一家(リジー、ダニー、ダレン、ルイーズ)は、インタビューを快く受ける。 しかし、その映画が公開されたことで、マーフィー一家は、町の人達から一層、疎まれるようになる。 地元のギャングのボス・ジェリーが、ゾンビ化した人間の退治に乗り出し・・・


見所
後半のゾンビリーバブルなところ。


それにしても
ゾンビにベジタリアンになることを勧める活動家って・・・ そうなると、もはや、ゾンビとしての威厳が保てない。


作品の方向性(5段階)および評価
ゾンビ度3(数としては十分)、コメディ度3(意外と狙っているのかもしれない)、ドキュメンタリータッチ・オブ・ザ・デッ度424242(でも、映像ユレユレなのは、苦手な人も多いかもしれない)。 ということで、作品の評価は、ゾンビの看病という、ちょっと珍しい題材で目新しさがあり、前半のノンビリした展開に我慢できれば、後半は中々見応えがある作品。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

  1. 2015/05/20(水) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<JUNK/死霊狩り・・・和製ゾンビホラーについて | ホーム | バタリアン5(Return of the Living Dead: Rave to the Grave)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/570-6a94312e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村