FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

JUNK/死霊狩り・・・和製ゾンビホラーについて

監督 室賀厚

役名および出演者名

強盗団
サキ   嶋村かおり
ジュン  浅野伸幸(3人組の1人、リーダー)
アキラ  江原シュウ(足を負傷、3人組の1人)
カブ   重村佳史(3人組の1人)

仲田タカシ 岸本祐二(医師)
キョウコ  美羽(クィーン)

羅門   殺陣剛太
虎二   田中弘太郎
鬼丸   松下正彦
猫吉   佐々木庸二
カー・ディーラー 門屋徹也
デイビス パトリック・ジョーンズ(軍曹)
マクグリフ  マーク・C・モーハウス(大佐)
キンダーマン リチャード・ジョーンズ
シャロン デボラ・J・ビナール

まずは、予告編から



あらすじ

ぎょぎょぎょ! て

26歳の日本人女性の死体を解剖・・・というか、蘇生を試みる。 (そ、そうせいってことかな?)

沖縄の在日米軍のキンダーマン博士による人体実験が行われている。 ・・・というか、死体にDNX(という如何にも怪しすぎる実験薬)の投与をしてみる。

生き返った女性に名前を聞くと、名刺代わりに、キンダーマン博士の首筋を咬んだりする。

在日米軍の軍人2人は、沖縄県立病院に勤務する仲田にマクグリフ大佐からの書類を手渡す。

複合商業施設にある宝石店に、男性3人組の強盗(ジュン、カブ、アキラ)が押し入る。 ショーケースに展示されている宝石を手荒くバッグに詰め込み、待機していたサキの車(稲建)に乗って逃走。 しかし、アキラは、従業員の女性に足をハサミで刺されてしまう。

盗んだ宝石を換金する為に、工場跡地で地元893の羅門と待ち合わせ。

仲田に会ったマクグリフ大佐は、キンダーマン博士の実験が失敗に終わったことを知らせる。 蘇生した死体の事件を極秘に処理したいというということだ。

実験は県営の工場で極秘に行われた。

サキは、ボッタクリのカーディーラーに連絡。

サキは、負傷したアキラの足を消毒するために、工場内で水を探す。

(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?

ジュンが工場内で何者かに襲われる。 カブ、サキ、アキラが駆けつけると、大量の死体を見つける。 さらに奥に進むと、冒頭の実験室に、たどり着く。 そこで、無残な姿になったジュンを発見。(((( ;゚д゚)))

ゾンビ達の汚食事中だった。( ̄◇ ̄;)

何故か、逃げる途中で羅門たちと取引。 成立しなかった。

( ̄▽ ̄;)!!ガーン  ʅ(´◔౪◔)ʃ

ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ε=ε=┌(;*´Д`)ノ

3DN-LR
CONDOR

いろいろあって、ゾンビが増殖。

仲田は、工場跡地へ向かう。

そして・・・

つまり・・・

junk死霊狩り

一言で表現するなら
Go To Hell(強盗減る)


ジャンル
和製ゾンビホラー
。 残酷シーンは少なく、それほど厳しくない。 グロシーンは、少ないが、昆虫の幼虫系が出てくるので、苦手な人には厳しいかも。 最初に出てくる女性死体は、ずっと服ナシ。 サービスカットなのか、暑さのせいで薄着過ぎるのか。 そもそも、ゾンビなので暑さを感じるのかも不明だが。 映倫のR15は、っま、妥当なところ。 ポロリもふんだんにあったし。


出演者
サキ役の嶋村かおり
さんは、元レースクィーンやモデルをしていた人だと記憶している。 そのためか、強盗団の一員にしては、随分とスタイルがよかったりする。 1990年代には、東映Vシネマ(劇場公開を前提としないレンタル専用映画)に相当数出演していた。 今作もその一環かと思いきや、劇場公開されていた。


ストーリー
強盗団(ジュン、カブ、アキラ)は、宝石店を襲い、待機していたサキの車(稲建)で逃走。
 盗んだ宝石を売りさばくために、人里離れた県営の廃工場で地元893の羅門と取引をすることにする。 しかし、その廃工場は、実は在日米軍の実験施設として使われていた。 キンダーマン博士が死者を蘇らせようとして、失敗。 ゾンビが徘徊する状態になっている。 強盗団の1人・ジュンが、施設でゾンビに襲われ、駆けつけた仲間が見た光景は・・・


見所
派手なガンアクション。


作品の方向性(5段階)および評価
ゾンビ度2(設定がブレているような気がする)、ホラー度3(色んな意味で)、コルベッ度624(ディーラーがボッタクリすぎ)。 ということで、作品の評価は、(筆者はあまり細かい所を気にしすぎないほうだと思うのだが)ストーリー展開の根幹に関わるところが若干ブレちゃっている気もするが、低予算の作品ということを考えれば、う~ん、好みによって評価が別れるかもしれないが、それほど悪くない作品。 積極的にすごく良い!とも言えないが。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2015/05/21(木) 22:00:00|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AAAH!ゾンビーズ!!俺タチだって生きている(AAAH! Zombies / Wasting Away)について | ホーム | 暴動・オブ・ザ・デッド(Portrait of a Zombie)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/571-f69e3423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村