FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

仁義なき戦い 広島死闘篇について

監督  深作欣二
脚本  笠原和夫
原作  飯干晃一

役名および出演者名

広能組

広能昌三  菅原文太 広能組組長
島田幸一  前田吟
岩見益夫  野口貴史
弓野修   司裕介

山守組

山守義雄  金子信雄 山守組組長
山守利香  木村俊恵 山守義雄の妻

村岡組

村岡常夫  名和宏   村岡組組長
山中正治  北大路欣也 
高梨国松  小池朝雄
松永弘   成田三樹夫 村岡組若衆頭
江田省三  山城新伍  
岩下光男  川谷拓三

上原靖子  梶芽衣子 村岡組組長の姪。未亡人

大友連合会

大友長次  加藤嘉  テキヤ大友連合会会長
倉光俊男  中村錦司 大友連合会二代目会長

大友組

大友勝利  千葉真一 大友組組長 大友長次の息子
中原敬助  室田日出男 
池野卓也  八名信夫
寺田啓一  志賀勝

その他

景浦辰次郎 堀正夫  広島の大親分
時森勘市  遠藤辰雄 景浦の舎弟
南良坂誠  小松方正 広島市会議員。公安委員。競輪場の理事
石田栄輔  北村英三 広島県警
佐野刑事  宮城幸生

和田    岩尾正隆 九州和田組組長

ホステス   松平純子


ナレーター   酒井哲

まずは、予告編から




あらすじ

老獪な山守の才覚と広能たちの命をかけた闘いによって、山守組は一大王国を築いていった。 しかい、内部分裂によって・・・
一方、広島市では村岡組が強大な勢威をほこっていた。

昭和25年広島で山中は、イカサマが見つかった際のいざこざで、懲役をくらってしまう。 
広能は、土居組組長を殺した罪で服役中だった。 広能は、山中の世話をする。

昭和27年 山中は、仮出所して食堂で食事をするがお金を持ってない。 そこで働いていた上原靖子(村岡組組長の姪)に因縁を付けたとして、大友連合会の大友勝利らにフルボッコにされる。 なんとか、駆けつけたテキヤ大友連合会会長の大友長次と同会幹部倉光俊男によって助けられる。

山中は、上原靖子に看護してもらう。 そこに、村岡組組長の村岡常夫と同組若衆頭松永が来る。 村岡常夫は、山中の身元引受人になってくれた。 山中は、村岡の配下に。 村岡から時計をもらう。

山中は、靖子と・・・
山中は、靖子の家で村岡組幹部の高梨国松と松永弘に村岡組組長の姪である靖子と付き合っていることを咎められる。 「あの人は、靖国神社に祀られている人の未亡人じゃろ。」 山中は、旅に出ることに。 九州飯塚の竹原一家に身を寄せることに。 和田組組長を・・・。

この事件により、山中の名は知れることこなり、広島に帰参を許される。 改めて、村岡の若衆として盃を受ける。 後見人には高梨国松、見届け人には時森勘市、媒酌人には、影浦辰次郎がついた。

広島の競輪場の利権をめぐり抗争が勃発。 村岡が新設の競輪場の警備を請け負ったことからだ。
競輪場の施設で暴れる大友勝利と彼の部下中原敬助、池野卓也、寺田啓一とそれに対抗する村岡組の江田省三と岩下光男。 公安の南良坂誠と石田栄輔は、村岡に抗争の解決を求める。

競輪場利権に関して、父大友長次ともめる大友勝利。 縁を切ることに。
大友勝利は、賭場にいる。 村岡組の松永が警告に来る。 大友勝利は、時森の後を継ぐことにしたと。

村岡は、時森に絶縁状を出す。 もう広島では賭場は開けないようだ。

村岡組に大友連合の大友勝利と部下が殴りこみ。 

その頃呉では、広能がささやかな一家を構えていた。 山守義雄から時森をかくまって欲しいと依頼を受ける。 犬が吠える。 吠える。
広能は、焼き肉を食べる。 犬が吠えてる。 「お前ら、何の肉買うてきたんなら」

そこへ、山中が訪れる。 広能と山中は話し合う。 
「手ぶらじゃ、帰れんいうんか?」
「ワシもかっこつけにゃならんですけん」

広能は、時森を広島に届ける途中、時森が途中下車。 広能は、大友勝利の家で待つことに。 企みがバレてしまう。 (山守、腹黒いのぅ) 何とか、広能は逃げる。

広能は、時森を・・・

村岡は、大友連合と手打ちにすることの条件として、大友勝利一家の解散を。 大友勝利は、関西に逃れる。

村岡の計らいで山中は、靖子と再開する。 靖子は、元夫の弟と一緒になるのがいやで、一人でいると。

山中は、大友勝利一家の残党を始末する。 山中は逮捕され無期懲役刑をくらう。
村岡組は、大友連合を傘下におさめ、広島全市に一大勢力を築きつつある。 

大友勝利の部下は、列車事件を起こす。 

山中は、刑務所で高梨に会い靖子のことについて聞かされる。 (村岡、悪い奴じゃのぉ〜) 
山中は、脱獄。 

松永は、山中を説得。 

大友勝利は、村岡組の岩下光男を拷問の末、銃殺。(ドイヒ〜) 銃撃事件があったため、警察は捜査に乗り出す。 逮捕者が出た。 大友勝利と中原は、山中に襲撃される。 何とか逃げのびた大友だが、足を負傷してしまった。

池野卓也は、村岡の配下を襲撃。 同じ頃、大友の部下中原は、村岡と手打ちにするため松永に会う・・・ 

警察は、大友勝利を逮捕。 一家は解散。
村岡常夫も事情聴取を受ける。

山中が広能に挨拶に寄る。 山中は、指名手配を受けている。 村岡から高梨の居場所を聞いた山中は・・・ (村岡、悪い奴じゃの〜)
山中は、松永の家に。 山中の勘違いだった。

雨が降るなか、山中は、警官に追われる。 逃げ切れないと悟った山中は・・・

感想

前作とは、趣が異なる。 主人公は、広能ではなく、山中だ。 あと、梅宮辰夫さんが出ていない。 菅原文太さんの出番が少ない(揉めたという噂は本当なのかな)。 随所に出ていい味だしてたんだけどな〜。
シリーズ内での本作の位置づけは、外伝というか観なくても前後がつながる。 山守義雄と村岡常夫の腹黒さが際立っている。 広能の苦虫を噛み潰した様な表情がなんともいえない含みを持たせているんだよな〜。 あと、犬の鳴き声が印象に残る。 しばらく、焼き肉は食べないかも。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

広告

仁義なき戦い 広島死闘篇 [ 菅原文太 ]


テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/01/21(火) 20:10:54|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仁義なき戦い 代理戦争について | ホーム | 仁義なき戦いについて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/83-a39a2760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (209)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村