阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

仁義なき戦い 完結篇について

監督   深作欣二
脚本   高田宏治

広能組

広能昌三   菅原文太 広能組組長
氏家厚司   伊吹吾郎 広能組若衆頭
水本登    野口貴史 
清元忠    寺田誠
岩見益夫   大木晤郎
弓野修    司裕介
関谷徹    松本泰郎
佐伯明夫   桜木健一

村田静子   中原早苗 佐伯の姉

天政会

山守義雄   金子信雄  天政会初代会長
武田明    小林旭   天政会二代目会長
松村保    北大路欣也 天政会理事長 武田組若頭

江田省一   山城新伍  天政会常任理事 江田組組長
杉田佐吉   鈴木康弘  天政会参与 武田の経済顧問
常岡元次   岩尾正隆  宇品天政会参与
織田英士   西田良   武田組若衆

かおる    野川由美子 杉田の娘
江里     賀川雪絵  ホステス
光子     橘真紀   山守の女

大久保憲一  内田朝雄 呉の長老

河野組

河野幸二郎   天津敏 河野組組長

槇原組

槙原政吉    田中邦衛 天政会常任理事 槇原組組長
守谷等     川谷拓三

大友組

大友勝利    宍戸錠  天政会副会長 大友組組長
間野豊明    山田吾一 大友組若衆頭
金沢茂久    誠直也

早川組

早川英男    織本順吉  天政会幹事長 早川組組長
久保田市松   高並功   早川組若衆頭  
加賀亮助    八名信夫  早川組若衆頭補佐

千野巳代次   曽根晴美

市岡組

市岡輝吉    松方弘樹  広能の舎弟

寿美子     藤浩子

その他

平手君郎    鈴木瑞穂  刑事

ナレーター    酒井哲
(参考 ウィキペディア)

まずは、予告編から



あらすじ

第三次広島抗争事件は、市民による強い圧力により昭和39年に鎮静の兆しが。 打本会は解散した。 一方、最高幹部武田明が広島を一本にまとめ、政治結社・天政会を結成する。

飲み屋で揉める広能組の若衆と天政会の構成員達。 武田組若頭の松村保が、喧嘩をやめさせる。 若衆の管理は、松村に一任されている。 大友は、浮いている。

市岡組組長の市岡輝吉が、広能組を訪ねる(広能昌三は、網走にいる)。 例の飲み屋での喧嘩の後始末について話し合う。 巻き返す?

天政会参与の杉田佐吉が、白昼の街ナカで銃殺される。 杉田は、武田の経済顧問であり有力な資金源でもあった。 市岡の指示なのか? 葬式に市岡が現れる。 大友とひと悶着。 山守義雄のひと芝居。 武田は、挑発に乗らないように警告。

天政会本部にガサ入れ。 天政会を壊滅させるためだ。 拳銃が押収された。

武田が三代目候補に松村を指名する。 大友は、過去の事件のため指名されなかった。 その夜、武田は逮捕される。
武田がいなくなったために、浮き足立ってしまう。 金で組織を引き締めるつもりのようだ。

大友組の金沢茂久と間野豊明が松村を襲撃。 松村は、すんでのところで助かる。

広能は、獄中記を記す。

天政会は大友組の松村襲撃で大揺れ。
松村は、大友を再び副会長に招き入れた。 

大友が飲み屋に行くと・・・ なんと! 市岡と大友が兄弟分? 牛の糞にも段々があるんで
大友と松村がギクシャクする。

槇原が仮出所。 槇原は、松村と大友の間に立つことになる。 松村は、大友組・早川組の切り崩しを画策。
広能組の若衆が槇原を襲撃しようとするが失敗。

市岡は、広島に入りひと暴れ。 市岡は、松村の若衆に襲撃される。
大友は、市岡の弔い合戦を決意。 真野は、大友組を離脱。 大友は、逮捕される。 松村も拘留される。

松村は、天政会を解散。 傘下に盃を強要する。 早川は、引退を表明。

武田は、出所。 広能が近々出所するためその対策を話し合う。 明石組がからんでいるためややこしい。

山守と早川は、槇原を巻き込み松村打倒を画策。

広能組と槇原組の抗争。 呉市中央通りで広能組の若衆が槇原を襲撃。

広能が出所。 武田と話し合い。 引退勧告。
「シャバのものは、青信号でも信じられんワシじゃ。 ましてや、人の心の中はのぉ」

道後温泉で松村は、広能に面会を。
松村は、襲名挨拶まわり。 旧大友派と旧早川派が・・・
大阪の西成で・・・

そして広能は・・・

「とにかく、ワシらの時代は終わったんじゃきに、落ち着いたら一杯呑まんか?のぅ」
「そっちとは呑まん。死んだもんにすまんけぇのぉ」


感想

とうとう、完結編だ。 終わったという感じ。 話は、徐々に次の世代へ。 北大路欣也さん演じる松村保が話の中心だ。 大きな組織が出来たのだが、一枚岩ではない。 内部抗争に明け暮れるというのは、極道ということからしても必然なのかな。

冷静になって計算すると、主人公の広能昌三はヤクザになってからの期間の大半は別荘に居た気がする。 無期懲役刑をくらった後仮出所も仮出所取り消しで7年だから。

大友勝利役が千葉真一さんではなく宍戸錠さんだったのは、スケジュールが合わなかったからだとか。


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告

仁義なき戦い 完結篇 [ 菅原文太 ]



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

  1. 2014/01/24(金) 18:18:21|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ビーバップ!ハイヒール 現代人の心に響く時空を越えた古典文学についてのメモ | ホーム | 仁義なき戦い 頂上作戦について>>

コメント

 小林旭が仁義なき戦いシリーズに適役だったかどうか、はメリットとデメリットの両面から論じる必要がある。興行収益は1作目が一番良く、3作目以降はそれほど良くないが、広能が武田と袂を分かち、徐々に武田が政治結社へ転換した旨も含めて、力を強めていった旨に呼応して。3作目以降は武田のキャラが広能より重要だったか?その武田に最適な俳優のキャラと小林旭の魅力の両立は・・・。
 
  1. 2017/07/09(日) 13:29:48 |
  2. URL |
  3. 代理戦争は面白い #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/86-43e93866
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
TV番組 (28)
グルメ (3)
スポーツ (4)
流行 (1)
海外ニュ−ス (4)
振り返る (6)
週刊誌 (4)
映画 (538)
雑学 (2)
季節 (1)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (75)
川柳 (3)
日記 (5)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村