FC2ブログ

阿佐蔵の暇つぶし

暇つぶしに国内、海外のTV番組、映画、芸能、政治、ローカルニュースについてちょっとだけ調べてみる

デモンズ(原題Dèmoni)についてい

製作総指揮    ダリオ・アルジェント
監督       ランベルト・バーヴァ
脚本      ダリオ・アルジェント ランベルト・バーヴァ フランコ・フェリーニ

役名および出演者名

シェリル      ナターシャ・ホーヴェイ
キャシー      パオロ・コッツォ

ジョージ      ウルバノ・バルベリーニ
ケン        カール・ジニー

ローズマリー    ゲレッタ・ジャンカルロ
ハンナ       フィオーレ・アルジェント
トニー       ボビー・ローデス
パンクのリーダー  パスクワリーノ・サレーメ

カルメン      ファビオラ・トレード
受付嬢イングリッド  ニコレッタ・エルミ
謎の仮面男    ミケーレ・ソアビ
地下鉄の乗客   ランベルト・バーヴァ
ジープの少年    ジョヴァンニ・フレッザ


まずは、予告編から



あらすじ

電車で女学生(シェリル)は、誰かに追いかけられている? シェリルは、逃げる。 突然、仮面の男。 チケットを手渡し去ってしまった。 「友達の分も」もらう。
キャシーを待たせてしまったようだ。 
メトロポール劇場。 様々なオブジェが飾ってある。 シェリルとキャシーが入る。 自販機でトラブル。 男2人(ジョージとケン)が手伝う。

女性(ローズマリー)が、飾ってある仮面をカブリおどける。 顔の一部をちょっと切ってしまった。

映画が始まる。 シェリル達の隣にジョージ達が座る。 映画の中では、男女4人が、探索。 ノストラダムス・・・デモンズの出現・・・墓を開けると、仮面と本が。  
「仮面をカブると顔を怪我。 青い光の夜、預言者の墓があばかれアキロンの大王がくる。」

ローズマリーは、頬の傷が気になりトイレへ。 血が止まらない。 傷口が・・・!!! Noooooo
ローズマリーの友人カルメンが様子を見に行くと、ローズマリーは、ローズマリーは・・・なんてこったい! 

映画の中は、ヒドイことになっている。

カルメンは、ローズマリーから逃げる。 映画とシンクロするようにカルメンの傷口が・・・ 
スクリーンからカルメンが飛び出してきた。

ローズマリーは、リズと行きずりの男がイチャついている所へ。
カルメンの手が変化。 口から緑の液体。 舌。 吊られた男がドン。 歯・・・グローース (気持ちワルーーー)
逃げまどう人々。

出口は、塞がれている。 非常口を探すことにするが。 

あれっ!?ローズマリー、閉じ込められてしまった。
 

映画の筋書きどうりになっている。 ハンナは、どこに行ったんだ。
上映を止めるために動く。

車を運転する男。 盗んだ車のようだ。

映画のせいじゃないこの劇場のせいだ。 トニーは、リズの死体を片付けようとする。

下にいたハンナに液体ポタポタ。

トニーは、噛まれてしまった。 トミーは、ハンナを見つける。

盗んだ車を運転する男達は、粉々・・・ 劇場からの音が気になる。

劇場では、ハンナとトミーが出口を探す。 
壁を壊すと、新たな部屋が。 壁は頑丈なレンガ造りだ。 入った人たちの様子が変になる。

警察に追われた、盗んだ車の4人は、(何故か扉が開いた)劇場に入ってしまう。

トミーとハンナは、通気口から出口を目指す。 後ろから、爪の音が。 今度は、前から。

盗んだ車の4人組は、ローズマリーを閉じ込めてあった扉を開けてしまう。 鏡に透明の液体、タラーーーー。
デモンズは、増えている。 目が光っている。

助けが来た? バリケードを崩す人たち。 デモンズが入ってきた。 血が・・・ 
シェリル達4人は、何とか逃げる。 エアコンの通気口を発見。 キャシーは、随分弱っている。 ん? えっ? ハァハァ まじか! 背中からなんだってーーーーー アキロンが・・・アキロンが・・・ 

ケンの最後の望み。 ジョージが・・・ ピーーンチ 天井、からの。 (って、なんでやねん!)

なんと!!! いずこへ?

感想

うーん、理屈で考えるとちょっと矛盾している所もあるんだが、ホラーって理不尽なものって割りきって見れる人は、充分楽しめるはず。 いわゆる、コテコテのホラーが好きな人(筆者も含む)には、たまらないはず。
それにしても、デモンズの戦闘力は半端ないな。 全力疾走で追いかけてくる。 これぐらいのほうが迫力がある。 特殊効果についても、CGなどは使っておらず、アナログで味わいのあるものだ。 最後までハラハラさせられる。 でも、デモンズのリーダー的な役割のローズマリーはあっさりと部屋に閉じ込められてしまう。 あの気持ち悪い液体は何だったんだろう。 結局その後触れられず、モヤモヤした気分だ。 (まっ、いっか) 


にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村


広告

アマゾン


楽天ブックス

デモンズ [ ウルバーノ・バルベリーニ ]

価格:2,365円
(2014/1/28 23:43時点)




テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

  1. 2014/01/29(水) 18:23:15|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デモンズ2(原題Dèmoni 2: L'incubo ritorna)について | ホーム | サスペリアPART2(原題Profondo Rosso英題Deep Red)について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://asazou.com/tb.php/91-65828c93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

阿佐蔵

Author:阿佐蔵
趣味は、読書とTV鑑賞。
最近ドラマを観なくなったなー。
お笑い、バラエティ番組は、
相変わらず観るんだが。
関西在住

最新記事

出版物

書籍化したブログ記事

人狼演戯



ひとりすまう

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
TV番組 (29)
グルメ (4)
スポーツ (5)
流行 (13)
海外ニュ−ス (7)
振り返る (50)
週刊誌 (193)
映画 (549)
雑学 (2)
季節 (3)
芸能 (1)
お知らせ (3)
なんとなく (93)
川柳 (3)
日記 (6)
4コママンガ (77)
マンガ (453)
漫画2 (106)
出版関連 (126)

タグクラウド


ブログランキング


Web漫画ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

日本ブログ村